美容のために美顔器を取り入れてみよう

夏に向けて髪の美容を考える

美容のために美顔器を取り入れてみよう お肌の美容はもちろんの事、髪の美容も忘れられませんね。特に湿度が上がってクセが出たり、スタイリングが崩れやすくなったりと、なにかと髪にとっては大変な季節。お風呂で女子力を上げて、暑いからと髪を乾かさずにダメージだらけの髪、なんてもったいない夏を過ごす前に、しっかりとヘアケアの基礎を確認していきます。

ヘアケアで重要なポイントはお風呂です。お風呂に入ると水と温度で髪のキューティクルが開いた状態になり、そこでどのようなケアをするかでこれからの髪が変わります。まず、乾いた髪をしっかりと梳かし、ほこりやごみをある程度おとしましょう。そしていざシャワーへ。36?40°Cのお湯でしっかりと予洗いします。シャンプーやトリートメントはノンシリコンなど様々ありますが、その前の段階でしっかりと汚れを落とすことで、髪へのダメージを軽くすることができます。そしてシャワー後はもちろんドライヤーで乾燥を。

色々なヘアケア製品が発売されている今、製品の成分や働きに頼りがちになってしまいます。ですがそれらはしっかりとしたセルフケアがあってはじめて効果を発揮します。夏を前に、初心に戻って基本のヘアケアを確認してみるのもいいかもしれませんね。


Copyright(c) 2019 美容のために美顔器を取り入れてみよう All Rights Reserved.